備長炭専門店/関商店

備長炭の特性

燃焼性

備長炭はバーベキュー用の黒炭と比べると、火付きが悪いのですが長時間燃焼します。1000度以上で焼いてありますのでガス分が少なくにおいがほとんどありません。火力が一定なので焼き物燃料には最適です。余った炭は消壷で消せば、また次回に使用できますので経済的です。

吸着性

備長炭は鋼鉄と同じくらいの硬さですが、重さは水と同じくらいです。元は木ですので養分や水分が通る管が無数にあります。これが硬くても軽い要因です。また、鉄ほど硬いのに火が着き易いのもこの孔があるおかげです。また、この孔は吸着性にも優れています。この小さい孔がたくさんあいているので内部表面積が 1gあたり300平方メートルもあり、湿気や悪臭を吸着する作用があります。水道水のカルキ(塩素)の吸着にも優れています。

マイナスイオン

電池を分解したことがあるでしょうか?中には真っ黒い粉が入っています。
真っ黒い粉は炭素です。炭素は電子を保有する力があります。
マイナスイオンとは細かい水滴に、電子を帯びた酸素が結合したもの。
この電子を供給するものの一つが炭素です。
備長炭はほとんどが炭素。
プラスイオン化したものに電子を与え中和させたり、マイナスイオンを発生させたりします。
活性酸素などのプラスイオン化されたものは一般に体に良くないといわれています。 備長炭を身に着けられたり部屋に置いておくとマイナスイオンの働きで、森林浴のように、精神的にも健康にも良いそうです。