備長炭専門店/関商店

備長炭の歴史

人間が火を使い始めたのは、落雷による森林の火災、もしくは自然発火の山火事による森林の火災から、燃えた木を利用したと思われます。

日本で炭を使用しはじめたのは、おそらく生活に火を取り入れたとき、石器時代のころからと思われます。
その後縄文時代までは、狩猟をして暮らしていたので、暖をとるためとか外敵から身を守るために焚き火をし、その残り火を料理または明かりとして使っていたのではと想像されます。

弥生時代になると農耕が行なわれ、土器が作られ、鉄製の農機具が作られるようになりました。
鉄を作るためにたくさんの炭を作るようになったことがわかります。
その後、大和朝廷が統一された時代では、鉄製の武器や武具、その他鉄製品が大量に作られたようです。
この当時の炭はそれほど良質でなくてもよかったようです。
地面に穴を掘ってそこに炭材をいれ、上に枝葉や土をかけて炭化する方法がとられたようです。

奈良時代になると寺院や豪族の邸宅に暖房用の炭が必要になりました。
良質の炭でないと臭いや煙が出たり、早く燃え尽きたり跳ねたりします。
そこで、新しい製炭法で良質の炭を焼くようになったようです。

平安時代になるとますます文化が発展し、貴族の邸宅の暖房用として白炭とおもわれるようなより良質な木炭がつくられました。
現在の炭窯はこの当時に完成されたようです。
特に空海が遣唐使として中国に派遣され、帰国後に炭窯の改良を伝授したのではないかという伝説があります。
わが国の炭窯の特徴である排煙口を大師穴または弘法穴と呼んでいます。炭窯の煙突の出口が窯の上部ではなく、底部に空けられていますが、この大師穴のおかげで底部の炭材までよく焼けるようになったようである。
空海が開いた高野山は熊野木炭の産地で、熊野木炭の一つに備長炭があります。中国、韓国、日本の炭窯が似ていること、中国のほうが日本より古い時代から白炭が使用されていたことを考えると、白炭を作る技術が大陸から伝来したことは間違いないようです。

室町時代になると茶の湯が盛んになり、黒炭の炭焼き技術が確立されました。茶の湯の炭はくぬぎの黒炭ですが、樹皮がはがれず、切り口が菊の花のようにきれいでいぶりも無く高度な製炭技術が必要です。

江戸時代・元禄年間には、和歌山県田辺地方に住む備中屋長左衛門という炭問屋が備長炭を完成されたそうです。

近年では産業廃棄物であったオガクズからオガタンという、真ん中に穴の開いた竹輪のような成型木炭もできました。

また、日本の炭焼き技術を海外で応用し、インドネシアや中国から外国産の備長炭が輸入されるようになりました。

炭の利用も燃料から工業用、建設用、健康用とさまざまな用途に使用されるようになりました。今後も多くの利用がすすむことと推察されます。